今 感染症で

ネットで探したら、色々と出てきます
コロナはただの風邪だと言っている人も
いるし、
超やばいと言ってる人もいるし

ワクチンで亡くなった方、
副作用で苦しんだ方の記事
女性のほうが副作用が多いらしい

コロナは
50代以下の疾患がない人は
殆ど重症化しないと言ってる人もいる

ワクチンでがんになると警告している人もいます。
どうなんだろう?
と思われている方もいらっしゃるかも
しれません。
私は医師ではないので わからないですが

神戸の中村 篤史 医師
たくさんブログに書かれています
興味がある方はこういったもの
みてみるとよいかも です。

ごとう整形外科-医師 
こんな記事が
他にも医師たちが発信しているサイトも
ありますので見てみるとよいかと
思います。

ワクチンを推奨しない医師

イベルメクチンで予防ができるとも聞いているし
(国産なのに 日本で買えないらしく
海外から個人輸入でないと手に入らないらしい)

どれが本当なの?
と悩んでいる方は「ハートの声」を聴いてみる
直感に聞くとよいと思います。

以前、インフルエンザの予防接種を受けると
インフルエンザになる と
ある方がおっしゃっていて
その方のお話会に行ったときのこと。

「インフルエンザになったことがない人手を挙げて」
と松井和義さんの言葉に
百名中十数名が手を挙げた
「このなかで、予防接種を打ったことがない人は?」
全員手が上がったままでした。
(インフルエンザに罹ったことがない人は
予防接種を打ったことない人たちばかりでした)

この場に、私もいたのですが
面白い結果ですね。私も手を挙げた組です。

毎年うっている人は
数回インフルエンザになっていたというのです。

まずは、不安にならないこと
不安をあおるテレビは見ないこと

コロナ脳(コロナを恐れて不安になる人の脳)

コロナでうつや、
認知症がすごく増えている
そっちを心配しなくてよいのか、
エボラじゃあるまいし、騒ぎすぎだ
これは偏桃体の暴走だよ、と
脳外科の篠浦医師もおっしゃっていました

コロナにならないけど
「うつ病になった良かったね。」
「認知症になった。良かった」
ということではないと思う
どっちもだめだろう。

しっかりと健康でい続けると
自分で自分の心に言い聞かせる
大事だと思います。

自分で調べてみる

ネットの情報は本物も偽物もあるので
注意は必要だけど、

そして

直感を大事にする
(直感は 心を鎮めて
リラックスしていくと
降ってくることが
増えてきます。
ヒラメキ という形で降ってきます。
緊張していると働かない
左脳ばかりを使っていると働きにくい
用ですが、
もともと、だれもが持っていた直感
子供のころはだれもが持っていたはず
さびてしまっている人は
再度自分にありがとうを言って
直感を使いましょう。

そして、大事なことが
私がセミナーでもお伝えしている
基本中の基本
「自分の体は自分で守る」
という意識を持つこと

そして、
免疫を上げていくこと

しっかりと腹式呼吸で吐ききる
呼吸法を毎日5分でよいのでおこないましょう。
(ポイントはこちらに書いています)

マスクをすることで、酸欠になることがある
酸欠になると、頭痛や疲れやすくなったりするし
免疫も下がりますので、
免疫が下がることで 感染リスクがぐんと上がって
しまうので、気をつけましょう。
『酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こす』
脳内の酸素不足は病気として後々体に
現れるらしい。
低酸素により脳内の神経細胞が
正常に分裂できない。
失われた神経細胞はもう再生さない」
と聞いたことがある。
マスクのし過ぎで 病気になるのは
防ぎたいものです。

※こういってる医師たちもいます

しなくてよいときはしない、
外を歩いていて
人が少ないのに、
マスクをしている人を見かけますが
これって必要?って思います。

マスクをしないと 睨む人とか
突っかかってくるマスク警察がいるので
人がいない外ではとりあえず透明のマスク?
をしています。
(電車は、布のマスクにしています。)

もしも怒られたら、麻の布マスクにしよう。
もし、麻の布マスクで怒られたら
紙のマスクにというスタンスです。

マスクのし過ぎで免疫落として
病気になりたくないので、

「これからの時代
自分の体は自分で守る」
というスタンス
大事だと思います。
健康だったら
感染症が流行っても不安にならない
と思うのです。

ここ一年以上 周りに聞きまくっていることがある
「知り合いでコロナになった人いる?」

そうすると みんないない
と答えるのです。
もう何十人にも同じ質問をしていますが
コロナにあった人を聞いたことがない
都内で質問をしていますが、
先日
例のごとく
「いないよね、周りにいないよね」
「私も聞かないのよ」
スポーツクラブのインストラクターたちは
「あちこちのクラブに行ってるけど
きいたことないよ」と言ってました。

「本当に誰が感染しているんだろうね」
都内は危ないって言ってるけど感染者見たことも
きいたこともないよね。」
と、5名で話していた。
そこに、
超心配性でマイナス思考のSさんが
やってきた
この人は、マイナスなことばかり言うから苦手で
私は話しないようにしていたのですが
割り込んできて
「私の周りに入るわよ、隣の人が死んだんだから
だから不安で電車も乗れない」

(だったらスポーツクラブに
来なければよいのになぁぁと思った。)

すべては周波数、
不安に思う人の周りには感染者が多くて
不安が少ない人の周りには感染者が少ない

「私の周りに感染している人はいない」
そういうことを
しょっちゅう言っていた 私

結果
その通りになっています。
本当に コロナになったという人を
周りで聞いたことがありません、

言葉の力恐るべしです。
(詳しくは私の本をお読みください)

地方の人は都民はみんな感染しているんでしょ
と思う人がいて、
実際にいわれたことがありますが
いや、そんなことはないってば、
東京の人口およそ、13,950,000人
一日1,000人感染したとしても
0.01% ということになる。

だからむやみに恐れすぎない。
不安にならない。
不安になると、
病気や感染症を引き寄せやすく
なりますしね。

PCRの陽性者がすべて感染者ではないしね
偽陽性だってあるし、
100%正しいものではないというし

「自分の体は自分で守る」
という基本は 大事ですね。

(免疫UPのお手伝い
セルフヒーリングセミナー開催中です
現在アクリルパテーションを持ち歩けないので
郵送すると傷になるようなので)
東京のみで行っています

地方の方は
テキストを販売していますので
ご自宅でも学べます。

呼吸法をしっかりマスターして毎日5分おこないましょう。